育毛にはまず、食事、睡眠、運動、そしてシャンプーが大事です。

シャンプーはアミノ酸系でノンシリコンのものを選びたいですね!

いつ寝るかが大事

美肌に良いことが美髪に良いこと、と考えると、まだポイントになるのが睡眠です。

良質な睡眠が取れて健康でいられたら、それだけで元気に生活できそうですが、髪も肌も元気になります。 よく、十分に眠っているのに疲れが取れないという声を聞くことがあります。 このような人の場合、眠っている時間帯を変えてみると良い場合が多いです。 大体ゴールデンタイムと言われる22時~2時くらいまでの間に眠っていられることが大切なのですが、難しいですよね? そこで、休みの日のような予定がコントロールできる時に、22時には眠ってしまってはどうでしょうか? その日やり残したことがあるのなら、明日早く起きてすることにして、眠ってしまうのです。

それに、シャンプーは夜の間にしておいた方が髪には良いという話もありますが、どうしてでしょうか。 新陳代謝が高まり、成長ホルモンが出る時に、地肌が一日過ごした汗や油分で覆われていない清潔な状態の方が良いからです。 眠っている間にも美肌や美髪は作られますが、活発に肌が生まれ変われるように、お風呂に入って寝るというスタイルは正解なのです。 つい眠ってしまって、朝忙しくシャワーを浴びる生活をしてしまったなら、休日はじっくりお風呂につかって早めに眠って見るのも良いご褒美です。

アーユルヴェーダの好きな友人がいるのですが…

アーユルヴェーダには活動に適している時間帯が日中の時間帯のようで…

夜は早めに眠ることで色々改善に向かうのだと教えてくれました。 仕事をしている人や、つい楽しい誘いがあると夜更かししてしまいがちです。 調子が悪いと感じた時だけでも、22時~2時の間で少しでも多く眠れないかどうか試してみると良いはずです。 この時間にぐっすり眠れて疲れが取れれば、急なトラブルによるストレスにも強くなるのではないでしょうか。 男性でも女性でも、ストレスの大きい人は肌や髪に悩みを抱えることが多いと思います。

人によっては健康を損なうこともあるようですが、ちょっと疲れが取れないくらいの段階で気付いて改善できると良いですよね。 女性は特に入浴剤やお気に入りのボディーソープなど、良い香りに癒されるところもありますし、バスタイムを充実させて生き生きするのも前向きな行動です。 ストレスは活性酸素という、体を酸化させる原因を活発にします。 よく、「サビない・サビる」という表現を体に対して使うことがありますが、過度なスポーツや喫煙・ストレスなど体に良くない事は日常に潜んでいます。