育毛にはまず、食事、睡眠、運動、そしてシャンプーが大事です。

シャンプーはアミノ酸系でノンシリコンのものを選びたいですね!

普段のケアが大事

地肌を大切にするために、悪者扱いされる機会の増えた「シリコン」ですが…

手触りを良くしたり、潤いを閉じ込めたりする働きがあります。 ただ、毛穴に蓄積されることがあり、問題になってしまうわけです。 最近は、特に新しいタイプのシリコンが配合されたシャンプーが増えています。 いつも同じシャンプーを使っていたという人でも、メーカーで色々と過去よりも改良している可能性がありますね。 綺麗にさっぱりと洗える感じのするシャンプーは続けて使いたくなりますが、洗浄力が高すぎるシャンプーは皮脂を洗い流しい過ぎる可能性があります。

先ほど少し触れた、髪を洗う際の温度なのですが、温度以外にも、シャワーの勢いがあまり強くても、洗い過ぎの原因になりますので注意が必要です。 つい、眠たい時にお風呂やシャワーでシャンプーすると、簡単に洗ってしまいがちなのですが、最初に髪を濡らす際に、丁寧に洗うつもりで濡らしておくだけでも、かなり汚れが取れます。 シャンプー前にブラッシングをしておくのも、地肌の血行が良くなって、汚れが浮きやすくなります。 その状態で髪を洗う方が、同じような時間のシャンプーでよく汚れが落ちます。 プロの美容師さんがお勧めするシャンプーも気になりますが、まずは今持っているシャンプーでもっとできることがあるかもしれないですね。

特に、髪を濡らす段階でよく汚れを落とすことは多くの人が勧めています。

頭皮の臭いを気にする女性も多いのですが…

まずはぬるま湯で十分にすすいでからシャンプーでしっかり洗うと、洗い過ぎを防げるし、簡単に始められるので、良いのではないでしょうか。 髪がダメージを受ける原因は、洗い方のみではありませんが、特に大人の女性は、肌と同じで地肌も潤いを守るバリア機能が弱まってきています。 いつもと同じ洗い方よりも、一週間だけでも丁寧にすすいだり洗ったりするだけで、手触りも変わってくるのではないでしょうか? 美容師さんのシャンプーの力加減なども参考にすると良いかもしれません。

同時に、ちょっと頭皮を柔らかくするマッサージのような刺激を加えられると、より良いと思います。 お風呂って、頭皮が清潔で血行が良く、元気な髪の生えてくる土台にするために大切な場所ですね。 もちろん、お風呂からあがって、髪が濡れたまま寝てしまわないことも大切な基本です。 時々、シャンプー前にオイルを使ったマッサージをするなど、スペシャルケアも有効だと思います。