育毛にはまず、食事、睡眠、運動、そしてシャンプーが大事です。

シャンプーはアミノ酸系でノンシリコンのものを選びたいですね!

内側から美髪に

髪型を気にして、雑誌で色々新しいカットやパーマをチェックする人は多いと思います。

自分の顔の形に髪質・アレンジのしやすさを気にしながら美容師さんと相談しながら傷んだところを切ったりしているのではないでしょうか。 ただ、自分の髪質に変化が出たら目指す髪型も変わっていきます。 年をとらないわけにはいきませんが、なるべくなら豊かで健康な髪で過ごしたいのが女心ですね。 まず、髪は栄養不足でも痩せやすくなってしまうって認識を持つと良いです。 忙しくても、ちょっとしたひと手間で、野菜や海草をプラスしていくことがお勧めです。

冷凍や作り置きの上手な女性も多いと思いますが、海藻なら乾燥したものをキッチンにストックしておくだけでも違いますよね。 しかも、「髪のため」と思って栄養バランスに気を使えば、肌にも良いので、一石二鳥です。 それに、繊維質やミネラルを多めに摂ることにより、消化や排せつのサイクルも良くなるので全身に良い効果があります。 ただ、トリートメントを変えた時のような、即効性のある変化ではないので、まずは3カ月くらい続けてみることが大切です。 普段の食事に問題が無いけれど、髪の毛に何ができるかわからないという方も、一度一日に何を食べているか書き出してみると良いかもしれません。

髪も肌もたんぱく質でできていますし、良質なたんぱく質が取れているのか…

同じ食品を続けて食べていないだろうか、色々チェックが可能です。

冷え症だという方も要注意です。 地肌の血行が良くなることが大切だと、地肌マッサージの話もしましたが、そもそも全身の血流がよくなれば健康な髪の発育にも良い条件がそろうことになります。 手足の冷えには敏感な方でも、頭皮には意外と気付いていないかもしれないですね。 しょうがをなるべく食べるようにしたり、温野菜と生野菜をバランスよく食べたりすることも大切です。

体に良くないと言われることの多い、ジャンクフードに偏りがちな人も、なるべく自炊して不足分は上手にサプリメントで補うと良いのではないでしょうか。 同様に、栄養の面で言うと、ダイエットのし過ぎでも髪の艶やコシがなくなることがあります。 適度な油分は体に必要なものであり、決して敵ではありません。 油分の取り方に不安のある人は、アーモンドやクルミといったナッツ類を間食に食べたり、魚と同じオメガ3の油のサプリメントや亜麻仁油を食事にかけて食べるのも良いと思います。 良質なオリーブオイルは、肌に塗っても良い油ですが、食用でも健康に良いと広く知られていますよね。