育毛にはまず、食事、睡眠、運動、そしてシャンプーが大事です。

シャンプーはアミノ酸系でノンシリコンのものを選びたいですね!

すぐに結果がでなくても諦めないこと

時々、私の周りで見かけるのが…

美しい髪や肌でいることを「そんなに綺麗じゃないから」とケアしないでいるケースです。 今まで繰り返していましたが、髪や肌が健康的で艶やかなのは、健康でいることがその土台になります。 誰かと比べて綺麗でいたい、というのは短期的には強力なモチベーションになりますが、長く続けられるものではありません。 コツコツとシャンプー前にブラッシングをしたり、丁寧にぬるま湯で頭皮と髪の汚れを流してからシャンプーすることは面倒かもしれません。

ただ、朝起きた時や、洗い上がりがもっと良い髪だと、自分が気持ちがいいからという発想で十分だと思います。 髪に良くないと知られる紫外線やたばこの煙も、髪に良くないだけでなく、場合によっては癌のような病気の原因にさえなります。 私達は視覚的な情報から、相手へのイメージを決定する要素が大きいと言われています。 特別な美人やイケメンではなくても、いつも元気そうで健康そうでいることは周囲からのイメージも良いですよね。

だから、なるべく睡眠を上手にとることも、大人ほどいい加減にしない方が良いのです。

よく髪の褒め言葉で「健やかで健康的な髪」という場合がありますが…

弾力があって、艶があって美しい髪は健康的です。 爪と同じように髪の毛も体の一部ですが、切っても痛みがありません。 それは、神経が通っていない、死んだ細胞といえるからです。 なので、伸びてきた髪をツヤツヤに指通りの良い状態にしようと思うと、シリコンのようなものが必要だったり、伝統的な椿油のような油分を加えてあげることが必要なのです。 一度傷んだ髪は戻らない、と言われるのはそのせいです。 なので、今の髪が傷んでいる状態なら、もっと健康な髪が生えやすい状態になって、その髪が伸びてくるまで時間がかかります。

人によってはとても待てずに、「綺麗じゃないから」と言いたくなるかもしれません。 綺麗な人には綺麗になる習慣があるとも言われていますよね。 コツコツ運動する習慣だったり、たっぷり保湿や体に良い食べ物など、工夫がたくさんあるはずです。 今日食べたものや、今日髪にしたことが半年先・一年先の自分の髪に影響すると思うと、少し怖くなりますか? 既にできる努力をしている人なら、半年後も一年後も楽しみだと思います。 今日始めて来週結果が出なくても悪いわけじゃない、と大らかにバスタイムを楽しむのも大切です。 ケアが継続できているという事実と、ストレスに強い大らかさが美しい髪には大切です。