育毛にはまず、食事、睡眠、運動、そしてシャンプーが大事です。

シャンプーはアミノ酸系でノンシリコンのものを選びたいですね!

地肌も潤いを守りたい

地肌のことをもっと考えると、最近のエイジングケアシャンプーの流行も頷けます。

まず、清潔に洗浄して毛穴の詰まりのないクリアな状態にできる、泡立ちの良いシャンプーが次々登場しています。 顔を洗う洗顔料にも、泡立てネットを使った泡洗顔が注目されています。 これまでの、ノンシリコンシャンプーへのイメージを覆すような、豊かな泡立ちのノンシリコンシャンプーがドラッグストアでも気軽に購入できるようになりました。 普段テレビCMで目にするようなシリコンが配合されたシャンプーに比べると、価格が高価なのも特徴です。 ノンシリコンシャンプーには、お試しサイズの2~3回分のセットを並べて販売されていることも珍しくありません。

私も、何種類かお試し用を購入してみたことがあります。 香り見本を売り場に置いてある店舗もありますが、実際の使用感と香りを確かめてみたかったんです。 試してみて、泡立ちが豊かなことに驚きました。 過去にノンシリコンシャンプーを試したことがないので、泡立ちの比較はできないのですが、普通に購入していたシャンプーよりもどんどん泡立つ印象でした。 シャンプーを十分に泡立てた後、一分間くらい放置しておくと、泡でより地肌が綺麗になると書かれていました。 そう、地肌をしっかり洗うことにもポイントを置いているシャンプーです。

でも、正直言って、年齢を重ねた肌は、手を見ても明らかですが、乾燥しやすくないでしょうか?

洗顔をしたり、水仕事をしたり、帰宅して手を洗ったりしていると…

手も肌も昔よりも乾燥しやすくなっています。 本当に、地肌をしっかり洗いあげたら終わりでしょうか? ちょっと不安になって、さらに色々と調べてみました。 よくある「洗い流さない」タイプのトリートメントは、ドライヤーの熱からも髪を守ってくれるようですが、髪の毛につけるものです。 洗髪後の地肌を守ることができるような商品がある方がいいですよね。 そんな時、馬油の存在を知りました。

元々、水分は油分で包んで保護することが有効ですから、馬油の油分は有効そうですね。 さらに、人間の肌に近い油分をしていて、元祖のメーカーなら保存料など使わず製造しているそうで、安心です。 薄く洗髪後の頭皮に伸ばしておくと、程よい保湿になります。 つけすぎには注意なのですが、馬油はシャンプー前の頭皮マッサージにも使えるそうで、どちらに使おうか迷いながら、専用のクリームも検討するとなると、ちょっと面倒な気もしました。 現代の女性は、仕事に家事にとても忙しいのに何種類も塗るものがあるのは大変ですよね。